アケビ



●名称
アケビ

●科・属名
アケビ科・アケビ属

●花の開花時期・実の生る時期
4月~5月・9月~10月

●解説
つる性の植物であるあけびは、古くから日本や中国などの東アジアの山に自生しており、その地域の人々に食べられていました。江戸時代にはあけびの種から油を採取していたようですが、商品として栽培されるようになったのは最近になってからのことです。

・アケビの選び方
1.きれいな淡紫~紫色で皮に張りがある
2.果皮が少し割れたものが完熟
3.果実がふっくらとしている
4.見た目がワイルドでも熟していればOK
5.白あけびは果皮がクリーム色