カキ



●名称
カキ

●科・属名
カキノキ科・カキノキ属

●花の開花時期・実の生る時期
5月・9月~11月

●解説
柿は中国を原産地とする説と、中国、朝鮮半島、日本を原産地とする説がありますが、現在栽培されている柿のもとになったものは中国から渡来したという考えが有力です。
柿には「甘柿」と「渋柿」がありますが、これらの違いは渋み成分「タンニン」が口の中で溶けるかどうかできまります。溶けると渋くなり、溶けなければ甘くなります。幼果期はどちらも渋みが溶ける「可溶性」タンニンを含みますが、甘柿は成長過程でタンニンが「不溶性」に変化して口の中で溶けなくなり、渋みを感じなくなるのです。

・カキの選び方
1.果皮全体がオレンジ色で張りがある
2.赤みがかったものは果肉がやわらかめ
3.かたい食感がよければ色が濃すぎない柿
4.大きめでずっしりと重みがある
5.へたと果実の間に隙間がない
6.黒い横スジの条紋は熟した証し