キミノバンジロウ



●名称
キミノバンジロウ(グアバ)

●科・属名
フトモモ科・バンジロウ属

●花の開花時期・実の生る時期

4月~5月・9月~10月

●解説
グアバの原産地である熱帯アメリカでは紀元前から先住民族に食されていたようです。16~17世紀に東南アジアに伝わり、現在はおもに東南アジア、ハワイ、地中海沿岸で栽培されていて、日本で栽培され始めたのは大正時代初期といわれていますが、生産量は多くありません。
一株あれば実を付けます。「バンジロウ(グアバ)」「テリハバンジロウ(ストロベリーグアバ)」「キミノバンジロウ(イエローストロベリーグアバ)」の3種が比較的出回り家庭果樹に向いているでしょう。その中でもキミノバンジロウは比較的寒さに強く育てやすいです。

・グアバの選び方
1.丸々と重量感のあるもの
2.熟すと果皮が黄緑色~黄色
3.果実に弾力と芳香があれば食べごろ
4.未熟果は常温保存で追熟させよう
5.赤いグアバと黄色いグアバも香りをチェック