ポンカン

●名称
ポンカン

●科・属名
ミカン科・ミカン属

●花の開花時期・実の生る時期
5月・12月~2月

●解説
ポンカンはインド北部が原産地で、日本へは明治時代に導入されました。1896年に台湾総督府より鹿児島県に苗木がもたらされたのが最初といわれています。
甘みが強くて酸味は控えめ。果肉はやわらかくて果汁も多く、香りのよい柑橘です。果皮は手で簡単にむくことができ、じょうのう膜(薄皮)が薄いので袋ごと食べられます。