ヤマブドウ


●名称
ヤマブドウ

●科・属名
ブドウ科・ブドウ属

●花の開花時期・実の生る時期
6月・9月~10月

●解説
ヤマブドウは日本に古来より冷涼地に自生する野生のぶどうです。日本語古語では「エビカズラ」というそうです。
野山に自生するヤマブドウは果粒が小さく甘味よりも酸味が強くそのままでは美味しいと言えるものではないようですが、近年圃場でも栽培されるようになり、一般に知られる「ぶどう」らしいぶどうに仕上げられ、ワインやジュースの原料に使われるようになってきました。